①テレビ業界の新規広告ビジネス

新規広告ビジネスについて

こんにちは、横山です。

本日は、テレビ業界の新規広告ビジネスについて

お話をしたいと思います。

まず、テレビの視聴率が減少して

スマホ普及によってネット閲覧者が増加しました。

そこでどの様に今後は

テレビ業界を復活させれば良いのかを考えていきたいと思います。

テレビ業界のビジネスモデル

まずは、テレビ業界の広告ビジネスモデル、

CMについて考えたいと思います。

テレビCMはスポンサーがお金を先出しして、

お金を後から回収するビジネスモデルになっています。

そこで今後のビジネスモデルの転換としては

視聴率によってスポンサーの払う金額を後から決定する事です。

これはインターネットビジネスの

アフィリエイトに相当します。

一見ネットビジネスの方法を盗んだように見えますが

コンテンツ販売はテレビが先に出していますので

盗まれたのはテレビ側と言っても過言ではありません。

またネットのアフィリエイトは詐欺商材も多いため

適切な価格で良心的な商品が扱われていない事も多くあるのです。

そこでスポンサーがお金を視聴率に合わせて後出しする事によって

番組制作側も視聴率を上げるために

様々な施策を考えて面白い番組を作ろうとします。

最近はテレビの規制が多くなっている事も

視聴率低下の原因になっています。

規制を全て取っ払う事が良いことではありませんが

一部の規制を解除するために必要な事を考えても行っても良いのかも知れません。

フリー戦略について

またネットビジネスの知識として学んだことに

フリー戦略というものがあります。

簡潔に言いますとフリー戦略とは

初めは無料で価値提供をして後から定額サービスに持っていく方法です。

スマホのコンテンツをTVに

そこで1つの提案として考えられるのは

スマホはあくまでも小さい画面に指で操作して

動画視聴をしたり検索エンジンにかけたりするので

これをテレビに応用させれば良い訳です。

検索エンジン機能をテレビに持ち込むのは難しいかも知れませんが

現代では動画コンテンツがメインになっています。

なので動画コンテンツをテレビで多く見れるようにします。

例えばNHKやBSの一部は有料配信になっていますが

これを全部無料に変えて番組の続きを見たい方は

定額サービスに乗り換えて下さいとすれば良いのです。

初めから定額サービスを設定してしまうと

それだけで購入者の心理的負担のハードルを乗り越える事が出来ません。

とりあえずは、一旦ここまでにしますが

以上の投稿をテレビ関係者の方は参考にして頂ければと思います。

それでは本日の投稿は以上になります。

また次回以降もテレビ業界がこうしたら面白くなるんじゃないかな?

という提案をしていきたいと思いますので

今後も投稿をチェックしてもらえたら嬉しいです。

次回またお会いしましょう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
アバター画像
横山
最新IT分野に20代から精通 株式投資、不動産投資など さまざまな金融分野の専門家です 脳科学にも詳しく、 病気治療にも貢献していきたいです